「エステ脱毛と医療脱毛の違い」を徹底解明

49277313_m-20160415232013.jpg

ムダ毛の処理は皆さん、どうしていますか? 剃っても剃っても生えてくるし、かといって3週間毎にブラジリアンワックスを受けに通う時間もない。「今年こそ、夏までに永久脱毛をしたい!」と考えている女性は多いはず。しかし巷には、ワンコインでできるエステ脱毛から、クリニックによる“医療脱毛”まで様々なタイプで溢れています。

1回数百円から数万円まで価格帯も広く、何を基準に選んだらよいのか見極めるのが難しいですよね。

安い脱毛を選んで失敗するのも嫌だし、かといって、一度に数十万円のお金を払うのも勇気がいります。確実な効果が出る脱毛法とは一体なんなのでしょうか?

そこで今回は、アリシアクリニックの小林院長に“医療脱毛”についてお話を頂きました。


医療脱毛はエステより高い!?


医療脱毛と聞くと真っ先に頭に浮かぶのがそのお値段。看護師が施術するので安全そうですが、エステサロンより料金が高いイメージがあります。

医療脱毛とは、レーザーが毛根の黒いメラニン色素に反応して、毛髪を再生させる組織を破壊する方法です。

「エステ脱毛よりもエネルギーが強いため、1回の照射で強いダメージを与えることができます。その結果、照射の回数もエステ脱毛の約1/3で済み、脱毛に通う期間や費やすコストを抑えることができます」と力説する小林院長。

低価格で脱毛を提供しているエステはたくさんありますが、そのすべては、永久脱毛ができる「レーザー脱毛」ではなく「光脱毛」です。

毛髪を再生させる組織をレーザーで破壊する永久脱毛は医療行為であり、医師や看護師しか行うことができません。つまりエステで使う脱毛機器は医療資格がない者でも使えるよう出力が弱い設計となっているので、エステでは永久脱毛を行うことができないのです。

エステサロンが行う光脱毛を受けても、時間がたつと何度も毛が生えてきます。エステ脱毛の料金は医療脱毛より安いのですが、脱毛したい限りずっと通い続けなくてはいけないので、長いスパンでみれば医療脱毛のほうがコスパがよいというわけです。


医療脱毛にはどのくらいの期間が必要!?


エステ脱毛よりも医療脱毛のほうが照射回数が圧倒的に少なくてすむことがわかりました。でも、最近では専門クリニックなどもたくさんあり、お値段の比較をするには照射回数の大体の目安が知りたいところ。

「目安として、腕、脚、ワキなど色味の濃い毛髪は、5〜8回、お顔などの色味の薄い産毛は8回以上の照射をおすすめしています。約3ヶ月に1回のペースで通院をおすすめしているため、約1年半〜2年を目安にしていただくと良いかと思います」。

個人差が生まれてしまうのは、毛量や毛質がそれぞれに異なるからなのだそう。また、毛周期も部位によって数ヶ月単位のところもあれば、数年単位のところもあるそうです。

まずは医師と脱毛計画を確認することが大切ですね。


医療脱毛って痛くないの!?


「レーザーの熱で毛髪を再生させる組織を破壊するなんて、熱そうだし痛そう!」などと心配になりませんか? 小林院長に痛みについて聞いてみたところ……。

「エステ脱毛と比較すると照射エネルギーが強いため、痛みを感じやすいことはあります。しかし、最近では“痛みの少なさ”に重点を置いた脱毛機も登場しているので、ご不安な方はお気軽に医師やスタッフに相談して下さい」。



大きな目で見れば、エステ脱毛よりも医療脱毛のほうが照射の回数もエステ脱毛の約1/3で済み時間とコストが抑えられるとはオドロキ。小林院長曰く、全身セットコースのほかにもVIOセットや全顔セットコースも人気なのだとか。

医療脱毛は医師とまずは照射回数、通院期間、脱毛プランについて納得のいくまで確認してみましょう。自信をもって水着が着られる日が来るといいですね!


提供元:美レンジャー

>>美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

この記事へのコメント