VIOライン脱毛の注意点

AI_IMG_7760_TP_V.jpg


VIOラインとはデリケートゾーンを指す言葉です。

Vラインはアンダーヘアの両サイドの部分で、ビキニラインとも言います。Iライン股関節の内側両サイド。Oラインは肛門部分です。比較的、自己処理しやすいVラインに比べ、Oラインは自分ではお手入れしにくい部分です。

VIO脱毛はデリーケートである分、デザインは慎重に決めましょう。VIOの脱毛は、できるだけ毛をなくし、永久に生えないことを希望するのか、一時的な脱毛でよいのかによって方法が変わります。

若い時に完全脱毛をしてしまうと、年齢を重ねてから温泉などで、自分だけ毛がなくて恥ずかしい思いをするかもしれません。ですから特に、永久脱毛を行う際は、将来的なことも考慮しながら考えた方がよいですね。


自分でお手入れ~セルフケアの方法


Vラインはカミソリ処理やワックス脱毛、脱毛クリームなどでの処理がしやすい部分ですのでお手軽にセルフケアできます。

Iラインは非常にデリケートな部位ですし、Oラインは自分では見にくい部位なので、セルフケアより専門家にお任せする方がベターです。

自分で処理しやすいVラインのセルフケア方法の場合、まずは形を決めて、毛のはえている範囲は個人差がありますが、大体、恥骨から3~5cmくらいに収めるとショーツからはみでることがないはずです。

形が決まったら、はさみで5mm~1cmくらいまで毛を短くカットします。それからカミソリなどで形を整えて、クリームなどで保湿をして終了です。

カットしずぎると、カットした毛の断面が肌を刺激するため、チクチクするかもしれませんので注意が必要です。

また、カミソリを使う際は、古くなったものは切り傷などトラブルの原因となりますので取り扱いには十分注意してください。


IラインやOラインはクリニックやサロンで


Iラインは陰部に近いので、カミソリを使って皮膚が傷つき、炎症を起こしたり化膿したりする心配があります。

Oラインは自分では見えない部分なので、セルフケアは危険です。この部分はクリニックやサロンなどプロの手にお任せするのが最も安全で良い方法です。

VIOラインの脱毛は、サロンによる光脱毛とクリニックによるレーザー脱毛が、VIO脱毛の主流です。どちらもカウンセリングの丁寧なところを選びましょう。

クリニックのレーザーは永久脱毛なので、脱毛効果が高いのですが、その分痛みは強いです。

最近では痛みが少なく効果の高い最新のレーザー機器も普及していますが、痛みに弱い方は麻酔などが可能か、事前に相談してください。

一番大切なことは、どれぐらいのペースで通えるのか、価格や痛みはどうかなど、自分に合った方法を選ぶことです。

体調や肌のコンディションが良いときを選ぶことも大切です。まだ決心がつかないけどコンプレックスになっている方は相談だけでもよいですね。すべすべお肌を手に入れましょう。


提供元:美レンジャー

>>美容脱毛サロン ミュゼプラチナム